海を越えて

地球の裏側からモノが届く。言葉が瞬時に届き、会話になる。海を越えて当たり前のように、音や映像が世界中で同時に届く。この瞬間に同じように喜んだり感激したり、涙したり癒やされたり。

物理的な距離や社会的な距離と、心の距離は違うようだ。離れるのも近づくのも自分次第だ。目の前にいても遠く感じる、海の向こうにいても近く感じる…どちらもありうる。感じていることが真実だ。

言語がわからなくても言葉がわかるような。感情が伝わるときは言語によらない。琴線に触れるのは言葉より感情なのかもしれない。