「こころ」カテゴリーアーカイブ

海を越えて

地球の裏側からモノが届く。言葉が瞬時に届き、会話になる。海を越えて当たり前のように、音や映像が世界中で同時に届く。この瞬間に同じように喜んだり感激したり、涙したり癒やされたり。

物理的な距離や社会的な距離と、心の距離は違うようだ。離れるのも近づくのも自分次第だ。目の前にいても遠く感じる、海の向こうにいても近く感じる…どちらもありうる。感じていることが真実だ。

言語がわからなくても言葉がわかるような。感情が伝わるときは言語によらない。琴線に触れるのは言葉より感情なのかもしれない。

来年の今頃は

来年の今頃はどうなってるんでしょうね~?「(今より)大変なことになってたりして?!」
まさか!!!
愚痴ったり、嘆いたり笑ったり…心の中に抱えているものをときどき吐き出さないとーと思います。
みんなしんどいんだな…苦しさを少し分かち合うだけで少し荷が降ろせるような気がします。

続きを読む 来年の今頃は

自分は何もできないことを改めて痛感する。できると思い違いしている。

心持ちを変えられるのは自分だけだ。何より大事なことなのに、相手の心持ちを勝手に判断していたことに気づく。気づかせようとしていたことにハッとする。

今どのような心持ちなのか…どのようにしてその心持ちになったのか…
すべてに背景があるはずだ。

寄り添うことは簡単ではない。自分を横に置くこと。改めて肝に命じていきたい。

情報が人を動かす

最近、特に観るつもりなく何気なく見ていた2つのテレビ番組で、耳に残ったキーワード。

1つ目は「情報が人を動かす」
そうだ。“動かそう”としても動かない。人は自分で考えて動くのだ。判断の材料をもらえたら自分で動く。

2つ目は目指すのは“原状復帰”なのかということ。甚大な被害からの復旧を目指すとき、原状ではなく現状にあわせて再興を考えることが大切なのだ。必要は何か。未来を見つめて新しいものを生み出していく。
お金の使いどころ…何に使うかで劇的に結果が変わる。

経済を動かさないと…
確かにそうだろう。困っている。困っている人を知っている。できることをできるだけ頑張る。頑張っている!

不安を抱えながら、出口が見えない中、もしもの時にも思うようにいかないと“知らされている”今。“余計に動かず”にいる選択をする。

何がわかれば人は動くのか。
今、優先すべきは何か。

“人”を信じることができれば、包み隠さずだんな情報も開示できる。
まともな情報を出してもらえないとき…誤魔化されたり隠されたり嘘を示されたり…相手はこちらを信じていない。時には“説明してもわからないだろう”“誤解するだろう”、だから説明をせずに情報は出さずに勝手に“いちばんいい判断をしてあげよう”とバカにされているときもある。

続きを読む 情報が人を動かす

可愛く

邪気を祓って

今月のお玄関飾りは金魚たち。金魚は“金運”“商売繁盛”とも“邪気祓い”“魔除け”とも。
湿気や暑さ(+マスク)しんどいですが、頑張っていくぞという気持ち。

続きを読む 可愛く
Page 1 of 36123Next ›Last »